「顔音遊び」 音楽を使った自分発見法

プロデューサーおすすめ

「iTunesと、顔写真を出して」
そう言って井出さんは今日のお話を始めました。
何やら面白い遊びをするようです。


顔音遊びをはじめます。

「今日のお話は、『顔音遊び』と言います。顔音占い、と呼んでもいいかもしれません。

さて、どんな遊びなのか。まずは実践しながらやってみましょう。」

まずは、自分か、一番好きな人の写真を用意して下さい。

「用意する写真は、自分の写真、もしくは一番好きな人の写真。
さらに、その中でも一番好きな写真を選びましょう。

そして、その写真をPCやプロジェクターの大きな画面に大写しにしてみて下さい。」

今回は井出さんで試してみました。

そこに、音楽を流していきます。

「写した状態で、色々な音楽を流していきます。
ジャンルは色々あっていいと思います。

しっとりした曲、元気な曲、激しい曲。
すると、何か感じるものが出てくると思います。

すると、突然、恋をしている人になる。

「音楽を変えながらかけていくと、その人の顔が色々なものに見えてきます。

例えば、恋をしているようにみえたり。

一つの写真なのに、音楽が変わることで、ワクワクしているように見えたり、悪く見えたりも。」

―たしかに!全然違いますね

ぴったり合う曲が、その人を表している

「継続してやっていくとわかってくることがあって。
それは、合う曲と合わない曲があるということ。
そして、そのうち、不思議とぴったり合う曲というのが出て来ます。

その曲が、その人や自分を表しているってことなんですよね。
説明だけだと物足りないかもしれないですが、やってみると、そんな風に自ずと感じると思います。

意外と色々なことがわかる

「こうすると、自分探しになったり、相手の深い性格を発見したり。
占いみたいなものですね。
意外に色々なことが浮き彫りになるんです。

自分で自分のことはなかなか分からないけど、これをやるとわかってくるんです。

私の場合、ベタベタして濃いのはダメで、
ちょっと幻想系やロマンチックな要素が入っているのがいい。
大体自分ってこんなもんだというのが分かります。

写真単体として合う・合わないというのも見えてくるかもしれません。
一人でもできるし、やりだすと面白い。
全く合っていないのはそれはそれで面白いので、是非試してみて下さい。」



浦上咲恵

78,483 views

Sound Writer / Sound Stylist。井出さんと一緒に仕事をしながら感じる、浴びる程の「ゾクゾク」感を届けたいと思い、日々執筆しています...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧