おすすめイヤホンの話

プロデューサーおすすめ

こういう仕事をやっている割には、
密閉型のヘッドフォンが苦手です。
また、カナル式という耳の中に深く入るコンサートのイアモニ
で使われるようなものようなもの、
この二つがどうしてもだめです。

そんな縛りのある中、いいイヤホンないかなあ~とずっと探しています。
当然のことながら、音の仕事に耐える、
モニター性があるものでないといけません。

一番最初に使ってたのが、この濃い緑のイヤホンです。
ゼンハイザーというドイツの会社なんだけど、
ここに、パッドをかぶせて、耳の中にいれる形式です。
収まりは弱くて、すぐ取れて来ちゃうのが難点。
でも音はすごくいい。
いわゆる昔のタイプのイヤホンですね。

しばらくこれだったんだけど、しょっちゅう取れちゃったり、
パッドがはずれたりしたので、やめちゃいました。

もう一つおすすめしたいのはこれ。
Bluetoothですが、音がいい。
耳の中に入るけど、その入り方が柔らかい。
防水で、左右繋がっているので、外した時になくならない。
この類のイヤホンをを聴きまくって、ようやく決まったのが
このBOSEのイヤホンでした。
さほど高くもないので、お勧めです。


オーディオの世界でもよく”エイジング”ということをいいます。
ある時間使っていると、急に音が良くなる瞬間にあたる、
あるいは気がつくと「えっこんなにいい音だっけ」と思う瞬間
こんなことが良く起こります。

ケーブルやアンプなどの機器のエイジング期間は、約200時間
と言われていて、ほんとうに感動的な瞬間に立ち会うことができます。

浦上咲恵

44,805 views

Sound Writer / Sound Stylist。井出さんと一緒に仕事をしながら感じる、浴びる程の「ゾクゾク」感を届けたいと思い、日々執筆しています...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧