年末年始も死ぬ時もマーラーの10番

プロデューサーおすすめ

いつも、年の終わりと初めに聴く曲があります。
家で大音量で聴いています。
よく学会で「死ぬ時に何の曲を聴きたいですか?」と聞かれることがあるのですが、その時も 必ずこれだと答えています。


その曲は、マーラーの10番です。

実は、作曲家は9番を書き終えるとみんな死んでしまう、というジンクスがあります。
マーラーも例に漏れず、10番を書いている途中で死んでしまいました。

では、何故10番があるのかというと、
途中からを弟子が推測して作ったと言われています。
そのため、いくつかのバージョンがあったりします。

9番は、本当にマーラーの辞世の句じゃないかと思えるもので
亡くなる時の悟りを感じる、宇宙的な曲なのですが
10番は大きいドーンというバスドラムの音から入って
最後、これ以上広い世界はないというくらい広い世界に出ます。
ものすごく盛り上がるのですが、感情的な盛り上がりではなく
富士山の上から周りをバーッと見ているみたいな、
日の出のようなものが思い描かれます。

辞世の句と言えば、ベートーベンも死ぬ時に
「友よ拍手を!喜劇は終わった。」という辞世の言葉がありました。

じゃあ、自分はどうだろう?と考えたらおそらくこうです。

「たかが死ぬだけでしょ」

と、言えればかっこいいですね。

浦上咲恵

30,585 views

Sound Writer / Sound Stylist。井出さんと一緒に仕事をしながら感じる、浴びる程の「ゾクゾク」感を届けたいと思い、日々執筆しています...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧