言葉の力

仕事術

同じことを伝えたいのに、Aという言い方をすると何も伝わらなくて、
Bと言う言い方をすると伝わる。
このショートムービーは、そのような内容です。

「何かが欲しい」ということをダイレクトに言わずにどうするかということですが、作為的に表現を変えると反ってばれてしまいます。
オシャレに、悪い意志がなく、この動画のように風に伝えられればいいですよね。

そう考えると、「伝わる」という言葉は「響く」と捉えた方がいい、と感じました。
そして、感性や美的な感じがあると響く、ということが良く分かりました。

確かに、Youtubeでも何でもタイトルで決まるということがありますよね。
最近はインパクトで持っていくことが多いけど、それは強力な槍が飛んでくるようで違和感があります。
この映像にあるようなもののほうが、日本人の文化に根差しているところだと思うので、
得意なんじゃないかなと思っています。

浦上咲恵

30,587 views

Sound Writer / Sound Stylist。井出さんと一緒に仕事をしながら感じる、浴びる程の「ゾクゾク」感を届けたいと思い、日々執筆しています...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧