SPレコード再生プロジェクト その3

未分類

SPレコード再生プロジェクト その1
SPレコード再生プロジェクト その2

どうやって再生する?

この貴重なSPレコードを再生するべく、「どのオーディオで再生して録音するか?」ということを、かなり調査しました。

方法は様々。
例えば、通常レコードは針で再生するものですが、現代ではレーザーで読むという技術もあります。
ただ、さすがにこれだけ古くなってくると難しい部分がありました。

蓄音機で再生したものをマイクで録音するという方法もあります。
昔のSPレコードを楽器を録音するようにしてCDで発売されていることがありますが、
大体はこの方法で録音されています。
この方法も、ノイズが混じって雰囲気は出ますが、
中身の細かい所まで聴こえない場合が多いです。

アナログのオーソリティーとの出会い

そこで出会ったのが、キヨトマモルさんというアナログオーディオのオーソリティー。
お会いして話を聞いてみると、なんとも素晴らしい技術の持ち主。
上記のように再生したものをデジタルで取り込むのですが、
その過程でノイズを少なくする技術があると言います。
収録されている歌や音楽がしっかり出つつも、
アナログらしい昔の音質は残って、雰囲気があるような仕上がりになるというのです。
機械の技術だけじゃなくて、細かいのノウハウのかたまりです。

今回はこの人しかいないと思い、お願いしました。
結果、どれも過度にクリアな感じでもなく、雰囲気が残りつつ、
ものすごく聴き易い形で再生することが出来ました!

浦上咲恵

32,448 views

Sound Writer / Sound Stylist。井出さんと一緒に仕事をしながら感じる、浴びる程の「ゾクゾク」感を届けたいと思い、日々執筆しています...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧