見えない敵と味方

プロデューサーおすすめ

今、私たちは「見えないものに脅かされて、見えないものに癒されている」のだと思います。
普段より、そういうことが大きく出ている感じがします。

見えない敵、見えないもので自分を傷つけるものがいる。
その状況を和らげるものって、(今はワクチンがまだないので)
消毒するとかですよね。
こういった肉体的なケアは、予防としてあります。

その一方で、恐怖感や漠然としたグレーみたいなものが
どうしても心の中に残り続けてしまっている面もあります。
ここを癒したり色彩感がでてくるようにするのはどうすればいいでしょう?

私は、やはり人とのコミュニケーションや、好きな人とのコミュニケーションが大きいと思うのです。
音楽なんかもそうだと思います。
こういった見えないものによって、自分も救われているのだと思います。

「モノで満足するか?」という視点が顕著に見えて来て、
段々と、時代が心とか愛とか、そういう方向の大事さを
もっと強く感じるような方向に動いてる気がします。
家族、友達、愛、ペット、音楽等、こころをあったかくしてくれるようなもの。
癒されると、そのものに対する答えじゃなくても、
答えが出たのと同じ何かが得られること。
一番大事なものはそこだと、反面的に教えてくれる時代なのかもしれません。

そういう意味で、今は見えるものや触れられるものと同じくらい、
見えないものへの大切さが高まっている。
そういう状況の過渡期だなあと思いますし、
こういう時代の延長上に未来があるんじゃないかと思います。

浦上咲恵

84,863 views

Sound Writer / Sound Stylist。井出さんと一緒に仕事をしながら感じる、浴びる程の「ゾクゾク」感を届けたいと思い、日々執筆しています...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧