不純

暮らしのセンス

「何事も純粋な方がいい、という考え方があるように思いますが
今日はそうでもない、ということをお話したいと思います。」


純度が高すぎる素材は楽器には向かない。

「例えば、純度99.9%の銀は、純度が非常に高くいいモノのように思えます。
しかし、実際には柔らかすぎてしまい、楽器なんかには使えなかったりします。
楽器でよく使われているものは、もう少し純度の低い92.5%のスターリングシルバー。
でも、音色が深く人気があるのはビンテージだったりします。」

不純物を含んだフルートの音色が世界中で話題に。

「銀でできている楽器で代表的と言えば、フルート。
最近世界で話題になっているフルートがあるのですが、
これは純銀のフルートではなくて、なんと不純物を多く含むフルートなのです。

フルート職人がヨーロッパに行き、何百年も前の銀の食器を集め、
それらを溶かしてフルートを作ってみたらしいのです。
すると、なんと複雑で深い音がして、世界的に話題に、そして有名になってしまいました。」

不純なサックスのマウスピース

純粋すぎる音楽は人のこころに入ってこれない。

「楽器だけではなく、音楽も同じです。
あまりにも純粋すぎたり、単調な感じだと全然人のこころの中に入ってこれない。
やはり、すこし不純な感じがいい塩梅で入っていることによって
心に入ってくるということがあります。」

不純物がどう入っているか?これがこれからの技術のポイントなのです。

「古い楽器もどんどん錆びてきたり、金属が変化してきたりしますが、
それが味になってビンテージサウンドになったりするんですよね。
新しい技術は、素材を純粋化する方向に進んでしまっていますが、
この先の未来は、”不純物がどれくらいはいっているか?”
“ノイズ、雑音がどうやってはいっているか?”がポイント。
そのものでないものがどれくらい入って味を出すか。
これが未来にかけて大事な技術になってきます。」

人も、不純物があった方が音色が深く、複雑で、沁みる。

「人もそうです。
純粋培養で生きるよりは、傷があったり、長年何かに耐えてきたり…
純粋だけでない部分があった方が、絶対味が出ます。

不純物があった方が音色が深くて、複雑で、人の心に沁みることになる。
人もそうなんじゃないかなと思います。」

自分が純粋じゃないことは悪いことじゃない。そう思ってもらえたら。

「どうしても、自分の暗いところ、汚れたことはダメだという見方をしてしまうことがあります。
何かと比べると、自分は汚れてるって思っちゃいますよね。

本当は、そういうことじゃいんだよ、と伝えたいです。

それがその人の人間性の味になってることがある。
純粋じゃないことが悪いわけじゃない。
自分の汚れのようなものに苦しんでいる人が、ふと、そう思えるといいなと思います。」

浦上咲恵

9,982 views

Sound Writer / Sound Stylist。井出さんと一緒に仕事をしながら感じる、浴びる程の「ゾクゾク」感を届けたいと思い、日々執筆しています...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧