無限に救われているCD

未分類

今日は、自分が一番聴いているCDを紹介します。

ストレスが高いとき、
心がいら立っているとき、
何も感じないとき、
乾ききっているとき、
焦っているとき、
プチ鬱になっているとき、
身体の調子が悪いとき、
胃が痛いとき、
お腹が痛いとき、
寂しいとき、
理由や対象のない不安を感じるとき、

このCDに、救われまくっています
これが無いと生きていけないようなものです。
淡々とした演奏なのですが、
心に「ぽっ」という感じで温めてくれたり、
ひろーい空間に出してくれたり、
音の隙間にも吸い込まれるような感じで
気が付いてみるとものすごく癒されています。

以前、門光子さんのコンサートに行きました。
もう聴こえるか聴こえないか、超ピアニッシモみたいな感じで
弾かれた曲が1曲あって、未だに心にすごく残っています。

その時はただ耳を澄ましているという状況でしたが、
その後、九段の方で行われる放送の収録に向かていると、
小田急に乗っている最中に「うわーーっ」と泣けて来て。
親の思い出とか、一気に何かの思い出がでてきたような感覚でした。

おそらく門光子さんはそんなことを考えて弾いている訳ではないと思います。
でも、実際にはものすごく影響がある。
僕らの仕事もどこかでそういう風になっているといいな、と
いつも思っています。

浦上咲恵

12,216 views

Sound Writer / Sound Stylist。井出さんと一緒に仕事をしながら感じる、浴びる程の「ゾクゾク」感を届けたいと思い、日々執筆しています...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧